入場券のオンライン販売

アンボワーズ城の歴史に戻る

17世紀から19世紀にかけての、王城にまつわる著名人について

パンティエーブル=オルレアン家の遺産

17世紀から19世紀にかけての、王城にまつわる著名人について 17世紀から19世紀にかけての、王城にまつわる著名人について

ルイーズ・マリー・アデライード・ド・ブルボン、オルレアン公爵夫人(旧姓パンティエーブル)はルイ14世の曾孫でした。彼女は1815年に、フランス革命によって没収されていた父親の遺産、アンボワーズ城の相続権を取り戻しました。彼女の息子、ルイ・フィリップは1821年にアンボワーズ城を受け継ぎました。 後にフランス国民の王(1773年生、1830年戴冠、1848年没)となる彼は、当時城の周辺にあった46の家屋を手に入れ、それらを取り壊すことによって、城壁をよみがえらせました。 本来王妃の居住棟(7つの美徳の館)にあった古い厨房は、厩舎に転用されました。 王の居住棟はその時代の流行に合わせて装飾されました。"ルイ・フィリップの階"(ルイ12世とフランソワ1世の翼棟)には、寝室の控えの間、寝室、そして音楽サロンが続いています。この場所には多くの肖像画、第一帝政様式、王権復古様式、ルイ・フィリップ様式の家具が揃っており、ルイ・フィリップの側近がここで生活していたことを偲ばせます。ippe.

1 2 3

Facebook Tripadvisor Twitter Instagram Google +